読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シミがない肌作りから学ぶ印象操作のテクニック

ヒマなアラフォーOLがわりとどうでもいいことや美と健康の情報をのんびりと更新しています。

今日も何気なくうるおい素肌を作るケアの要点を書いてみる。

今日書物でみてみた情報では、「身体の中の各部位において、次々とコラーゲンのアミノ酸への分解と必要に応じた合成が活発に繰り返されています。年を重ねていくと、ここで維持されていたバランスが失われ、分解の比重が増えてきます。」と、提言されているらしいです。

それで、まだ若くて健康な状態の皮膚には十分な量のセラミドが含まれているため、肌も活き活きしてしっとりつややかです。けれども悲しいことに、歳を重ねることによってセラミド量は少量ずつ減少していきます。」だと提言されているとの事です。

なんとなくネットでみてみた情報では、「皮膚表面には、強靭で丈夫なタンパク質より形成された強い角質層が存在します。この角質層を構成している細胞間にできた隙間を充填しているのが「セラミド」といわれている細胞間脂質の一つです。」と、いう人が多いそうです。

私がネットでみてみた情報では、「注意すべきは「汗がうっすらと吹き出したままの状態で、急いで化粧水をつけたりしない」ようにすること。汗とともに排出された老廃物と化粧水が混合されると肌に不快な影響を及ぼしかねません。」のように結論されていと、思います。

その結果、 世界の歴史上屈指の伝説的な美しい女性と現在までも語り伝えられる女性達が動物の胎盤であるプラセンタを美容と若々しさの維持に期待して使用していたといわれ、かなり古くからプラセンタの美容に関する効果がよく浸透していたことが感じられます。」のように結論されていらしいです。

素人ですが、文献でみてみた情報では、「「美容液は価格が高い贅沢品だからちょっとずつしか使用しない」とおっしゃる方もいるようですが、栄養剤である美容液をケチって使うなら、初めから化粧品を買わない選択をした方が、その人にしたら賢明なのではとすら思ってしまいます。」と、いう人が多い模様です。

逆に私は「化粧水を使う際に、目安として100回掌全体でパッティングするという説を見かけますが、この塗り方はしない方がいいです。敏感肌の方は特に毛細血管が刺激され肌の赤みの強い「赤ら顔」のきっかけとなることもあります。」だと解釈されているとの事です。

素人ですが、ネットで集めていた情報ですが、「今は各々のブランド毎にトライアルセットが豊富にあるから、興味のある化粧品は先にトライアルセット利用で使った感じを慎重に確かめるというような購入の方法が使えます。」のようにいう人が多いとの事です。

私がサーチエンジンで探した限りですが、「保湿のポイントになるのは角質層の水分量に他なりません。保湿作用のある成分が贅沢に配合されている化粧水で角質層を奥深くまでうるおし、補給した水分量が逃げていかないように、乳液とかクリームを利用してしっかりとふたをして水分を閉じ込めましょう。」のように解釈されているらしいです。

私がサーチエンジンでみてみた情報では、「全身のヒアルロン酸の量は乳児の頃に一番多く、30代以降は急激に減少するようになり、40代になると赤ちゃんの頃と比較すると、およそ50%までなり、60歳代では著しく減少してしまいます。」だと提言されているみたいです。